リレンザと錠剤型の薬の違いとは

マスクをかける女性

インフルエンザに感染するとリレンザや錠剤型の薬が処方されます。
これらの薬はインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができ、インフルエンザに伴う高熱や悪寒、倦怠感を軽くすることができます。
日本では病院で処方してもらうほか、通販でリレンザを買うことも出来ます。
リレンザと錠剤型は、薬の構造は同じです。
ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれ、増殖に関係するノイラミニダーゼを阻害します。
使用する回数も同じで、1日2回、5日程度服用します。
どちらもインフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用を開始しないと、ウイルスの増殖を止めることができないため、効果があまり出ません。
また、リレンザと錠剤型の薬は予防薬としても使用することができます。
慢性的な疾患を抱えていたり、65歳以上の高齢者や受験生だったりする場合に服用します。
この場合も両方の薬とも、1日1回10日間の服用で、服用している期間だけ、インフルエンザの予防効果があります。
錠剤薬はオセルタミビルリン酸塩と呼ばれ、通常タミフルとして処方されています。
錠剤型は飲みやすいため処方されることが多いです。
小さい子どもでも飲むことができるのが特徴ですが、10代の子どもには処方されていません。
因果関係ははっきりしていませんが、10代の子どもが服用した場合、飛び降りや転落など異常行動が見られるためです。
また、錠剤型は、耐性を持つウイルスが確認されているので、処方されたらきちんと最後まで服用することが大切になります。
服用すると4時間で血中濃度が上がり効果が現れ始めます。
副作用には、じんましん、血便、動悸、血圧低下、腹痛などがあります。
一方リレンザはザナミビル水和物と呼ばれ、パウダー状の薬を専用の容器にセットし、吸入するタイプの薬です。
インフルエンザのウイルスは気道などの粘膜で増殖するため、薬剤を直接届けることができ、錠剤型よりも早くに効果が現れ始めます。
5歳以下の子どもには処方されませんが、錠剤型の薬が使えない10代の子どもでも安全に服用することができます。
ただし、気道に直接働きかけるため喘息や気管支に炎症がある場合は、さらにひどくなる場合もあります。
このような疾患がある場合は錠剤タイプのものを使用するか、リレンザを吸入する前に、気管支に関する薬を使用します。
こちらにはリレンザの使い方が画像入りで紹介されていますので、使用前に確認しておきましょう。
副作用としては、動悸、発疹、吐き気、下痢、呼吸困難などがあります。
2つの薬の大きな違いは、薬の形状にあります。また、服用できる年齢が決められています。
どちらも服用したら異常行動を見過ごさないよう目を離さないことが大切です。

関連記事