リレンザが効かない場合は

薬を飲む女性

リレンザは、インフルエンザウィルスを死滅させる薬ではありません。増殖するのを妨げる薬です。インフルエンザウィルスは、感染後48時間で全身に拡散します。その後は増殖するのをやめます。リレンザはウィルスが増殖するのを妨害するのであって、ウィルスを撃滅するものではないため、感染してから48時間後に飲んでも効かないことになります。感染から48時間以降であれば、あとは免疫力頼みとなりますので、全身に拡散したインフルエンザウィルスを、免疫細胞が撃滅するまで、安静にしていることです。高熱が出ているのは、免疫細胞を活性化させるためですので、無理に熱を下げようとしてはいけません。ウィルスの退治が終わったら、自然と熱は下がります。
リレンザは、感染直後に飲めばかなりの効力を発揮します。ウィルスは侵入直後から、そこの細胞を利用して、盛んに増殖していきます。リレンザは、増殖ができないようにする薬ですから、侵入して増えようとしている矢先に使用するのが効果的なのです。普通は侵入後48時間で全身に拡散するはずのウィルスが、侵入した箇所で増殖をストップされると、免疫細胞は非常に楽になります。全身を巡って退治して回る必要がなくなります。高熱が出るのは、免疫細胞を活性化させるためです。ウィルスの数が少ないままであって早めにせん滅できれば、その後免疫細胞は普通の状況に戻れます。リレンザを使用すると、熱が下がるまでの時間を短縮できるのはこのためです。インフルエンザのA型でもB型でも、短縮できることが確認されていますが、B型の場合は特に顕著で、17時間も短縮できます。一刻も早く仕事に復帰したいと願っている患者も多いですから、この時間は大きいでしょう。
ある意味、一番効果が発揮できるのは、予防薬として使用した場合とも言えます。ウィルスは侵入しても、まったく増えることができないわけですから、高熱も出ませんし、インフルエンザの症状は出ずじまいとなるわけです。しかし、耐性を持つウィルスの出現が危惧されるため、予防薬としての使用は制限されています。家族に感染者がいる65歳以上の高齢者や、呼吸器系に疾患のある患者などに限って、予防投与が認められていますが、それ以外の場合は、希望しても処方されません。中には医師の判断で投与できる都道府県もありますが、稀な例です。予防薬として使用する場合は、全額自己負担となります。感染率は、1%程度となります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧